カップ焼きそばの食べ方

私はカップ麺が大好きです。しかもラーメンではなくて焼きそばです。
カップ焼きそばの作り方には、いろんなこだわりがある人が多いようですね。時間を少なめにして麺は固めにするとか、逆にブヨブヨになるまで麺に水分を含ませるとか。
お湯を徹底的に切るという人もいれば、逆に少し残しておいて、水っぽい状態で食べるのが好き、という人もいます。
私は、その時の気分によって使い分けます。

あとは、トッピングのこだわりがある人も。
私はトッピングというより、お湯を入れる段階で野菜を細かく切って入れる、ということをよくします。
基本的に、カップや焼きそばのソースは濃いものが多いです。なので野菜を入れておくと丁度いいんです。
基本はキャベツの千切りですね。3分お湯につけておいただけでは、完全に茹でた状態にはなりません。シャキシャキ感が残っているくらいでちょうどいいんです。
玉ねぎを入れると甘くなりすぎます。ほんのちょっとだけなら可。

ソーセージなどは、熱が通りきらなくてアウトです。レンジなどで温めてから入れるべきです。
薄いハムはありですね、ちょうどいい感じにふやけます。
でも一番は薄いチャーシューですかね。

あと、お湯を切ってからカレー粉を入れるというのも好きです。
元々カレー味の焼きそばというのも出ていますけどね。
でも、微妙にカレー粉で味がついているのが丁度いいんです。

ちょっとこだわりすぎのようですが、でも基本的に、普通の作り方をして食べるというのも好きなんです。
特に初めて食べるものに関しては、まず最初は普通に作って食べるようにしています。バリバリ働いてもまだまだ頑張れる体になりました

SMAPの解散は本当に残念ですね

私は香取くんと世代が近いので、色同じ世代が時代の中心で活躍する様子は初めはすごいなという感心から、今に至っては、彼らグループがそのままで活躍しているのが当たり前みたいに感じていました。当時も今もファンではありませんが、歌やパフォーマンス、バラエティやドラマで彼らがいることが当たり前だった認識だったので、解散速報をLINEニュースで見た時はすごくショックでした。安定した不動の存在だと思っていたから、本当にショックです。学校では女子もダンスを見事にコピーして歌う子がいたり、木村拓哉さんのロン毛を真似した男子がたくさんいました。自分の青春時代の思い出に彼らもいたことで、どこかで勝手に身近に感じるアイドルになっていました。何度もいいますがファンではないのですが、本当に日常でSMAPがいるのが当たり前すぎて、本当に解散が残念です。前向きにアイドル活動以外にやりたい事に専念するとか、メンバーの病気で活動中止とかならどこかで仕方がない気持ちもわきます。しかし、プロのアイドル活動を故意に難しくする動きがあって、メンバーが離れ離れになった印象があまりに悲しいなと思っています。事務所とは別にメンバーがどこかで深いつながりを持ち続けてくれたらいいのにと思わずにはいられません。子どもの成長のために消耗する栄養を補給できます

水曜どうでしょうが大好きです

みなさん、「水曜どうでしょう」って知ってますか?
「水曜どうでしょう」は、HTBで放送された旅番組バラエティーです。
ドラマや映画で大活躍している大泉洋さんが、大学生時代から出演している番組なんですよ。
この「水曜どうでしょう」が、すごくおもしろくってハマっています。
「水曜どうでしょう」のなにがおもしろいのか?
ひとことで説明しきれないほど魅力がいっぱいなんですよね。
出演者は、大泉さんのほかに、ミスターとディレクター陣二人。
この4人が理不尽な旅を繰り広げて、本心で語りあうところがおもしろいんです。
東京から、地元北海道に帰るために、さいころをふって、すごろくをしながら帰る話とか。
海外旅行でオーロラを撮影したり、ケツァールという綺麗な鳥を撮影する話とか。
なんのために、そんことをする必要があるのかわからない企画を、本気でしているところが楽しいです。
わたしが1番好きなのは、対決列島ですね。
日本を縦断しながら、各地の名産を早食い競争する企画です。
地理にも詳しくなれて、おすすめですよ。